まんがなしでは生きられない!

漫画・アニメの感想などを中心に。根本は個人的読漫画記録(記憶) …ときどきゲーム・声優・ドラマetc.. 『マンガは1日1冊は読みたい、読めたらいいな...』
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP花とゆめ(白泉社) ≫ 神様はじめました #21/#22/#23/#24/#25(完)

神様はじめました #21/#22/#23/#24/#25(完)

神様はじめました 21巻・22巻・23巻・24巻・25巻(完)
鈴木ジュリエッタ

神様はじめました 21巻 神様はじめました 22巻 神様はじめました 23巻
神様はじめました 24巻 神様はじめました 25巻

既刊継続購入の続きから最終巻。

この作品、最初はあんまり好印象ではなく
しかも、1度は1巻で挫折したことがあるのに、アニメを期にその続きを知りたいがために再度購入トライ。やっぱり最初の方は微妙とか思いつつ、それでも読み続けていくと、ラブ度↑とともにテンション↑↑↑して、続きが楽しみな作品へと、ワタシの中で素敵ランクアップを果たした作品

いよいよ悪羅王(あくらおう)が絡んできて最終局面へ
な続きから




最終的に悪羅王は悪い奴だけどそんなに悪い奴じゃなかったねてイメージ
それにしても、悪羅王死んでしまうとは.. いや、まぁ生きてても牢獄に閉じ込められたり封印されてしまうだけの人生になっちゃうだろうからな、それよりは生まれ変われのだからよかったのだと
巴衛(ともえ)が何歳の設定で人間になったのかわからないけど(そういえば何歳になったんだろう)、悪羅王の生まれ変わりの子と20歳くらい離れてたとして20年後にお酒を酌み交わしてたりするのかしらね なんて考えたり
悪友、悪だくみする同士で会社作って二人でやってたりして なんてことも考えてみたり..して、次の瞬間、あれでも巴衛ってば御影神社に帰った(?)んだわ て気がついてこれはないかなと撃沈したいう
あ、それから、人なのか妖なのかはわからないけど、巴衛&奈々生(ななみ ヒロイン)の子と、悪羅王の生まれ変わりと、皇女&小太(こた)の子が遊んでる様子なんてのもいいな て思う こっちならなんかありそうじゃない?

24巻と25巻は涙・涙
なにがってね、瑞希(みずき)のこと思うとね
瑞希ってば最初のときは嫌な子だったのに、奈々生の神使になってからは奈々生のために頑張ったり身を引いたりと、その健気さに惹かれるばかりなのですよ 瑞希がさみしい思いをする度にギューって心を締め付けられる思いをしてきたし、その度に好感度上がらずにはいられなかった
置いて行かれるということにトラウマがあって本当にさみしくて怖いことだろうに、わがまま言えない、奈々生を困らせられないって気持ちを殺して耐えようとしてる姿に、もう涙が止まらなくて 正直、できれば瑞希と奈々生がくっついてもいいんじゃないて思えるくらいワタシは瑞希に肩入れしながら読んでた
まぁ、ヨノモリ様の時と違って、御影神社にはミカゲさんがいて一人じゃないし、奈々生自体がいなくなってしまうわけじゃないから、あの頃ほどさみしい思いをしなくてもすむかなぁて思えなくもないけど、やっぱり瑞希の本当の気持ちを思うと切ないしか出てこないね
奈々生が御影神社に帰ったら、思う存分抱きついて甘えていいと思う

そうそう、次郎も
彼の実直さ、正々堂々としたところが好きだったから、瑞希の次に彼に奈々生とくっついて欲しかったりした
もう、なんで奈々生は一人しかいないの、てヤキモキしたりして
次郎は実直なんだけど不器用そうだから、奈々生のことずっと引きずって奈々生以外に好きになれるか心配だけどどうだろう むしろあの次郎を落とせる猛者な女性があらわれたらおもしろそうだなぁ なんて考えたりする

さて、そろそろ最終巻の締めをば
それぞれの決意と旅立ち だけど、一生の別れじゃなくてきっとまた会える その時にはまた一回り成長した姿で そう思えるラストに、それぞれにどんな素敵な未来が待っているのだろうかと続きが見られないさみしさを感じつつ
ラストを読むことができたことに感謝!
そして1つの作品の完成の喜びとおつかれさまとの意味を込めて、いつもの締めの言葉→ 万歳っ、でさようなら

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ブログ内検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ