まんがなしでは生きられない!

漫画・アニメの感想などを中心に。根本は個人的読漫画記録(記憶) …ときどきゲーム・声優・ドラマetc.. 『マンガは1日1冊は読みたい、読めたらいいな...』
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 女王の花 #12/#13/#14/#15巻(完)TOPフラワー(小学館) ≫ 女王の花 #12/#13/#14/#15巻(完)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

女王の花 #12/#13/#14/#15巻(完)

女王の花 12巻~15巻(完) 和泉かねよし

女王の花 12巻 女王の花 13巻 女王の花 14巻
女王の花 15巻

既刊継続購入の続きから最終巻まで

捨てられた姫とお供(元奴隷)のお話? (かなり乱暴な気もするけど(苦笑;))
中国風シンデレラ(継母に虐げられる姫てところが)ストーリー? 最終的に国取り物語になりそうな気がするけど
そしてワタシの中では薄星(はくせい)が死んでしまった後の世界、王位についた亜姫(あき ヒロイン)が人生を振り返ってるお話だと思って読んでたりするのですがどうでしょう




はぁぁ..やっぱりねぇ
まぁ、冒頭から予想していた結末だけど、亜姫(あき)が決して幸せではなかったなぁと思って胸が締め付けられる
結ばれない2人 いやある意味結ばれたし、女王という座から解き放たれた魂が繋がって共にあるのだけどね
でも、一番の人生の華の時期に過酷な責務を負わされて、一番幸せにしたかった人を守れず、勝ち取った先に欲するものがない世界で生きるというのはさぁ..生き地獄だったろうなぁぁぁと
何のために国を取り戻したのか、その目的を見失った気分(いや、乗っ取られたようなものだったし、母の敵でもあったんだけど)
結局、生から解き放たれないと幸せになれない世界って.. それを目指してたわけじゃないのにぃ てモヤモヤで
一応、作者さん的にはハッピーエンドらしいので、あんまり悲観的に考えなくていのかもしれないけれど
でもでも、やっぱりもっとこう、ハッピーハッピーて手放しで喜べるようなハッピーエンドがいいなて ね やっぱりね

さて最終巻の締め
いろんな辛いことや苦しいことを乗り越えて行く姿を見とどれけられて、当初の目的の国に帰る(国を取り戻す)を見届けられた
途中、本当に辛いお別れもあったけど
ラストを読むことができたことに感謝!
そして1つの作品の完成の喜びとおつかれさまとの意味を込めて
いつもの締めの言葉→ 万歳っ、でさようなら

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ブログ内検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。