まんがなしでは生きられない!

漫画・アニメの感想などを中心に。根本は個人的読漫画記録(記憶) …ときどきゲーム・声優・ドラマetc.. 『マンガは1日1冊は読みたい、読めたらいいな...』
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP女子系その他 ≫ 王国の子 #6/#7

王国の子 #6/#7

王国の子 6巻・7巻 びっけ

王国の子 6巻 王国の子 7巻

既刊継続購入中の続き
特に新刊出るのが楽しみな作品のひとつ

ある王国の王女(エリザベス)とその影武者(ロバート)のお話
(他にも王族・貴族独特の、人を利用した権力争いとかもありつつ)
王位継承権3位までは、周りに秘密(一部の従者を除いて)で影武者をつけなければならない掟
王位継承権を持つエリザベスも類にもれず
そして、みつかった影武者候補は同じ歳の「男の子」
13歳の無垢な少女が王位争いや政に巻き込まれて命を狙われたり王位をはく奪されたり そんなお話




ますます混乱していく世情
というか、メアリ王女(エリザベスの姉/腹違いの姉妹)の独裁
そして混乱していく王家・政治
メアリに権力を握られている限りエリザベスにはなんの力もないのに、エリザベスに期待する人々や、政に利用しようとする画策する人 まぁそういう人がいるからメアリはエリザベスの存在が鬱陶しいというか、やっかんじゃうのだろうけどね
それでも、メアリが国のことを思っているうちはまだ国が安定していていいのだけど..政略結婚の相手がイケメンで浮足立ってたりして道を誤ったり、国を乗っ取られたりしそうでハラハラしかない メアリの影武者も野心家だしなぁ、しかもそこまで思慮深くもない感じでメアリも影武者もあっという間に足元すくわれそうという不安しかないよ

ウィリアム(エリザベスの従者)は、国民が期待するエリザベス像は、演説したエリザベス(ロバート)だから、その期待の重圧に本物のエリザベスが負けてしまわないかと心配しているけれど
ジェイン(一度は国王にさせられた今は逃亡中の姫)を助けたエリザベスにも国民は新たなエリザベス像を抱くのではないかなぁ それはまぎれもないエリザベスの所業なのであって、やっぱり国民に支持される姫というものにますます登りつめていった今回の事件だったと 国民に指示されているのは本当の自分じゃないという重圧から少しは解放されていい出来事だったのではないかな て思う とはいえ、国民が期待して見ているのは自分だけの力じゃないていう引け目はエリザベスは持っちゃってそこは拭えない感覚なのかもしれないけれどね

生きるためだけに行動しているのに、なぜか反逆者扱い
常に誰かの犠牲を感じながらそれでも生きるために立ち向かう弱くて強い少女の構図に胸がドキドキとハラハラでいっぱいだぁ
たぶん、そのうちに国を守る(または取り戻さなきゃいけないくらいの扇動者)立場になるんだろうなぁと予想すると、これからもっとドロドロとした時代がやってくるのでは..と思えて、今からすでにちょっと辛いけど でもきっと、エリザベスのたどり着く 未来がある と信じて見守り見届けたい(途中で命を落とすとかじゃなくてね どんな形であれ国を守り立ち続ける未来とでもいうか ていうのを想像してる)

とりあえず、今の王国に国民が納得してなくて反逆心もある状態だし、国を乗っ取りにきてる王子もいることだし、戦争的なことが起こるのかなぁ
命拾いしたエリザベスとロバートだけど、まだまだお先真っ暗な感じね
エリザベスとロバートの関係性も変わっていくのか変わらないのかも気になるし
はぁぁ.. どうなっていくのかなぁ気がかりだわぁぁ て本を閉じ 続きはまだでしょうか

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ブログ内検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ