FC2ブログ

まんがなしでは生きられない!

漫画・アニメの感想などを中心に。根本は個人的読漫画記録(記憶) …ときどきゲーム・声優・ドラマetc.. 『マンガは1日1冊は読みたい、読めたらいいな...』
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOPスポンサー広告 ≫ ヤンキーくんとヤンデレの彼らには友だちがいない #2/#3(完)TOP花とゆめ(白泉社) ≫ ヤンキーくんとヤンデレの彼らには友だちがいない #2/#3(完)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ヤンキーくんとヤンデレの彼らには友だちがいない #2/#3(完)

ヤンキーくんとヤンデレの彼らには友だちがいない 2巻・3巻(完) 芳川由実

ヤンキーくんとヤンデレの彼らには友だちがいない 2巻ヤンキーくんとヤンデレの彼らには友だちがいない 3巻

前の単行本に巻数がついてない状態だったから、単巻だと思っていんだけど、続きが出たので買 人気があったのかなー まぁ確かに、前巻出た時点でオンラインで連載中だったか、単行本発売記念だかで作品上がってたしね あわよくば続きを出す気はあったのだと思う




ギャグもの苦手なワタシが普通に読めるのでありがたい作品
読みやすいのは割とストーリー性があるから..? いや、ストーリーストーリーはしてないんだけどショートショートの16ページで1話構成(4コマとか、中に何話かあるパターンじゃなく)ていうのが一応ストーリーぽくなってるというか
とはいえ、基本はギャグなので、お話の濃さはないので、感想という感想はほぼないんだけどね まぁギャグ漫画な以上、読み終わったときにおもしろい(ウケる)と思えればいいわけで、そういう意味でOKだと思う

エロでヤンキー気風なバカ男子と、そいつにツッこむマトモ男子
かと思いきやマトモ男子は変人(ストーカー?)で、互いに互いの行動にツッコミを入れるダブルツッコミというテンポの良さで読みやすいし、どっちもバカだなぁぁ(ウケる)て思ってる間に1冊が終わる感じ
そんで、この2人の行動というか妄想というかが並はずれてるんだけど、実はメインがみんな妄想たくましいんだよね 結局みんな妄想や思い込みが激しくって、それで空回りして、不思議な四角関係(ヤンキー→市橋先輩→ストーカー男子→ヤンキーの妹)が、どこまでいっても空回り な感じがなんとも言えない
まぁ、世の中みんなこんな風に妄想だらけなのかもねという真理すら感じる..ような気がする(笑) ただ、度が過ぎててそこがギャグになるってわけだ
空回りしてる様子の中にBLっぽさをオチとしてもってきてるのも、ありえないだろー(笑)て笑い話にできてるのがキレイにオチてるし、もしかしたらそういうネタが好きな人には受け入れやすいオチなのかもね て思えたり

たまたま友だちがいない者同士で組まされて嫌々ながらコンビみたいになってた2人、ずっといがみ合ってて嫌いなのになんだかんだと縁があってたまたま一緒にいると思っていたのに
記憶喪失になって(それも2人とも)、回りに2人のいままでの関係を聞いてるうちに、それって友だちじゃん みたいな流れになって、記憶が戻ったときに、こいつとはやっぱり友だちじゃなかった嫌いな奴だ て思いつつも、客観的に見たときや相手のことを思い出したときのことを思うと 友だちなのかもしれない と思える雰囲気(あくまでも友だちとは認めてないから言わない)ていう流れでオチとした最後、好きだったな すごいきれいに落ちた て思えて、気持ちよく本を閉じられた

うん、2冊分とはいえ、ギャグもの苦手なワタシがギャグものでこれだけ感想書けたのだから大満足。
さて、最後まで読んだ時のいつもの締めね
1つの作品の完成の喜びとおつかれさまとの意味を込めて→ 万歳っ &さようなら

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ブログ内検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。