まんがなしでは生きられない!

漫画・アニメの感想などを中心に。根本は個人的読漫画記録(記憶) …ときどきゲーム・声優・ドラマetc.. 『マンガは1日1冊は読みたい、読めたらいいな...』
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPモーニング(講談社) ≫ 宇宙兄弟 #26~#31

宇宙兄弟 #26~#31

宇宙兄弟 26巻~31巻 小山宙哉

宇宙兄弟 26巻宇宙兄弟 27巻宇宙兄弟 28巻
宇宙兄弟 29巻宇宙兄弟 30巻宇宙兄弟 31巻

既刊継続購入中の続き
コツコツと買い集めて既刊に追いついてから始めての新刊

宇宙飛行士をめざす兄弟のお話
六太(むった 兄)がとうとう念願の月面天文台建設メンバーに選ばれ
いよいよ月へ な続きから




とうとう六太が月にーーっ!
ていう感想
...うん、だってずっと月のお話だから、他にないっていうか いや、まぁ月に着いてからいろいろ事故が起きたり達成したりがあるんだけどね 死にそうな目にあったて九死に一生なんてこともあって、それは大事件なんだけどね
でもやっぱり六太が月に来たからには、シャロン天文台が完成して初めて、やったーっ て言いたい
だから、なかなかシャロン天文台が完成しなくて、ヤキモキしてるし、早くっっ てめっちゃ思ってる
まぁ普通のお話だったらじっくりやるのを見守ってという気持ちにもなるかもだけど、この場合、シャロンの命の灯がいつまでもつのか.. ていうのがあるからさ もしかしてシャロンが見届けられなかったら..て思うと、急いでっ早く描いてっ て気持ちになるわけで
もしも、万が一、シャロンに間に合わなかったら、その時は、ほらやっぱり早く描かないから間に合わなかったんじゃんっ て思うんだと思う いや、作品の筋と実際の時間は関係ないのはわかってるけどね それでもたぶん、そう思わずにはいられないと思う

そして、日々人(ひびと 六太の弟)も再度宇宙飛行士になるべく奮闘中ね
六太と日々人が揃って宇宙に行くって時が来るのも待ってるので、日々人がロシアのサブクルーにエントリーされて一歩宇宙へ近づいたから、そんな日が来るのも遠くないのかも て期待 (あれ?でも所属の国が違う宇宙飛行士が一緒に行くことってあるのかしら?)

さてさて、いろいろありながらも少しずつ少しずつ進展してるお話
太陽からの影響で一時中止になってたシャロン天文台の建設も再開 てところで次巻へ

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ブログ内検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ