まんがなしでは生きられない!

漫画・アニメの感想などを中心に。根本は個人的読漫画記録(記憶) …ときどきゲーム・声優・ドラマetc.. 『マンガは1日1冊は読みたい、読めたらいいな...』
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPKCKiss(講談社) ≫ カカフカカ #2/#3/#4

カカフカカ #2/#3/#4

カカフカカ 2巻・3巻・4巻 石田拓実

カカフカカ 2巻カカフカカ 3巻カカフカカ 4巻

既刊継続購入中の続き

例によって例のごとく(?)、書店でもらう新刊案内チラシに載っていなくて、たまたま書店で見かけるか、何か他の単行本に挟まっている出版社さんのチラシで知るか、自力でそういえばまだ新刊でないのかなぁと気づくか
途中で電子コミックCMに使われてたために、書店にないどころか在庫もなくなって、取り寄せ再販待ちみたいになってて、まぁCMで新刊出てることに気づいてそんな状態になってたものだから、2か月くらい手に入らないという事件(?)に巻き込まれつつ




なんだかんだと亜希(あき ヒロイン)が本行(ほんぎょう)のこと好きに
まぁそうだろうね そうだと思った
好きじゃないのに関係を続けていくのも不自然だものね(少女漫画的にね レディコミだとありなのかもしれないけれど)
それに、今までの石田拓実先生の傾向からして、やっぱりこういうちょっとミステリアス系直球男子がヒロインと ていうパターンが王道て感じでしっくりくる
本行の不能もなんとかしなきゃだから、亜希と本行で行為をしてでも治していくんでしょう その上で不自然じゃない方向に持っていくには、そこに感情があるかどうかを加えて、そして中学時代の置き去りになった気持ちを取り戻してやり直しさせてあげる て感じかな

ただ、なんとなく、亜希は今は本行のこと好きだけど、ここから長谷(はせ)さんのこと好きになっていってくれないかなぁ と個人的に
長谷さん好きだなぁ器用なのに不器用ていうか(人格的に) そういうところが少しずつほぐれて普通の人になっていったらおもしろいだろうなぁ て
それに今の亜希のこと好きになってくれてる感じがいい(本行は今の亜希がどうこうというより、体の繋がりだとか、過去の因縁だとかで、今の亜希を見てるのかどうかがぼんやりしてて..)
たまには、初恋の人との再会→トラウマ克服→やり直し ていうのじゃないパターンでもいいと思うわけで
それに、石田拓実先生作品では、こういうちょっと意地悪で何考えてるのか怪しいというか、人に読まれないように笑顔で何か本性を隠してるタイプの人は不毛に終わっていくイメージがあるので、それを払拭して欲しい気もする 幸せになって欲しい
そして、本行には、あかりとまとまってもらえたら あかりは本行の本質の部分に惹かれてると思うので(小説のそういう部分に感化されてるんだと思って)、そう思うとアリだと思うんだよねぇ

まぁいずれにしろ、本行の不能が治らないといけないんだろうから、さっさと治るといい あと、何が原因なのかを突き止めて解決すればいい
本行の不能が治れば、亜希との関係も不要になるし
トラウマ克服したら、次は、本当に亜希とじゃないとだめなのかっていうことになって、あかりと付き合ったらいい
それで、あかりが猛烈アピールでどれだけ本行のこと好きか そして本行もそんなあかりに心を開いたらいい
亜希も本行から解放されて、長谷さんと前向きに考えられるようになったり まぁ長谷さんとのことは、長谷さんがどのタイミングでどう踏み込んでくるかで前後するかもだけど、長谷さんは長谷さんの思うようにタイミングを逃さないようにしてもらえれば..ただ、石田拓実先生作品で裏心のあるキャラが駆け引きで意地悪すると失敗する傾向にあるからそこは気を付けて(笑) て思いつつ
なかなかな妄想&希望がてんこ盛り

そういえば、4巻出たのってかなり前だったような.. あれ?また買い逃してる??
て思ったけど、知ればてみたらまだ出てない
でもなんか近々出そうかも
さてさて、亜希・本行・長谷・あかりの四角関係どうなりますことやら と次巻待ち

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ブログ内検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ