まんがなしでは生きられない!

漫画・アニメの感想などを中心に。根本は個人的読漫画記録(記憶) …ときどきゲーム・声優・ドラマetc.. 『マンガは1日1冊は読みたい、読めたらいいな...』
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOPスポンサー広告 ≫ あまつき #20/#21/#22/#23TOPZERO-SUM(一迅社) ≫ あまつき #20/#21/#22/#23

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

あまつき #20/#21/#22/#23

あまつき 20巻~23巻 高山しのぶ

あまつき 20巻あまつき 21巻あまつき 22巻
あまつき 23巻

既刊継続購入中の続き

ワタシのテンションが下がってて、ちょっと買う(読むの)のが面倒..とか思いながら、まぁちゃんと買うんだけどね.. この作品と最後までお付き合いしたいという思いで繋ぎとめてる

あまつき て何なのか、バーチャルと現実の人がどう絡み合ってるのか着々と手繰り寄せられ解明されて..
でもまだ、最後に誰の元にたどり着いて、どう解決して、どうやって元の世界に戻る? まだまだ解決の糸口は見つかっていない そんな感じの最終地までの中間点 かな




天才だから狂っていく世界、狂わせていく世界
つらい現実世界
逃避なのか、はたまた新たな世界への扉なのか
望んでそこに立っているわけでない、そこにあることを望んでいない人からとってみれば、偽物の世界
あるべき姿・場所に帰ること
死を前にして、どの姿が正しいのか 生きているのか、生きていたいのか、生かされているのか、生きるべきなのか
死とはどんな状態を言うのかその定義とは 倫理と神 人はどこまで踏み込んで許されるか
医療として、不自由な体を抜け出して人と繋がる術 てのはありかなぁと思う(漆原(うるしばら)みたいなマッドサイエンティスト的なのは許されるものじゃないと思うけど) そういうのがさ、物語の中だけじゃなくて、だんだんと実現できるようになってきているんだよねすごい時代がきたものだ

うーーん、なかなか難しいというか重いテーマになったなぁ まさかこんなテーマににたどり着くとはなぁ.. と思いながら読んでた
この作品が始まった頃はこんなお話になるなんて予想もしてなかったもの
それぞれの本来あるべき姿、幸せな場所はどこにあるのか、どこにたどり着く(帰る)のか、どんなラストを迎えるのかしらね 
そう!予告では次巻最終巻だということ!!
この冬?もう数か月ってところかな きっとハッピーエンド?でも世界が違うからあの人やこの人どうなるんだろう..とヤキモキしながら 待ち

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ブログ内検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。